AURA
AURA

2020/10/21

LINE公式アカウントのID連携でできることは?顧客の反応率を高める方法を紹介

 

ビジネス用のLINEアカウントとして、年々利用する企業・店舗が増えている「LINE公式アカウント」。
LINE公式アカウントを運用し始めた方の悩みとして、以下のような声がよく挙がります。

「一斉配信だけではユーザーからの反応が薄い」
「新規友だち登録を増やしてもブロックされてしまう」

LINE公式アカウントでは、ユーザーに応じた情報をカスタマイズして配信することで反応率を高めることができます。
それを実現するために必要な作業が「ID連携」です。

今回の記事では
・ID連携とは何か
・ID連携のメリット
・配信の反応率を向上させる方法
をご紹介します。

 

LINE公式アカウントにおける「ID連携」とは?

LINE公式アカウントのID連携とは、自社サービスのユーザー会員IDとLINEアカウントを紐付けることです。ID連携を行なっていない場合、LINEで友だち登録が行われた顧客が自社サービスで会員情報を持っているうちの誰が登録しているのか、それとも未登録者なのか一見して判別することができません。

ID連携を行うと、LINEアカウントの友だちと自社データベースの会員情報をリンクさせることができます。

そのため、自社のデータベース上にある属性や行動履歴に応じてセグメント分けした配信や、LINEトーク上でユーザーごとに最適化されたサービスの提供が可能です。

 

LINEのID連携によるメリットとは?

ID連携を行うとユーザーの一人ひとりが求めている情報を最適なタイミングで届けられるようになります。その結果、LINE公式アカウントの配信に対する反応率が向上し、売上の増加にもつながるでしょう。具体的には「既存顧客のリテンション向上」と「LINE公式アカウントのブロック率低下」の2点の効果が期待できます。

 

既存顧客のリテンション向上

ID連携を行うと自社のデータベースにある情報とLINEアカウントが連動するため、既存顧客の属性・利用状況に合わせて、個別に合わせた情報を届けられます。例としては、LINEを活用して以下のようなマーケティング施策が実現できます。

・しばらく来訪がない顧客にクーポンを配布

行動履歴によって一定期間以上の来訪がない顧客に対して再来店クーポンなどを配信できます。このことによってリピーターを増やし、一人当たりの店舗の利用頻度の増加に大きく貢献できます。

・更新時でのメッセージ配信で解約防止

サービスの利用更新のタイミングでリマインドメッセージを配信、または上位プランへの移行提案を行うことで解約率の低下や、売上を伸ばすことにつながります。

 

LINE公式アカウントのブロック率低下

ID連携を行うことで、LINE公式アカウントのブロック率を低下できる効果が期待できるでしょう。せっかくLINE経由で友だちを増やしても、登録して間もなくブロックされてしまうことは多々あります。

ユーザーが友だち登録後にブロックする理由は「配信内容が自分が求める情報と違う」「配信の頻度が高すぎて面倒に感じる」「カスタマーサポートを受けたが期待と異なった」などが挙げられます。ID連携により個別のデータに基づいた配信を行い、顧客満足度を高めてブロックを防ぐことができます。

・顧客の居住地域・志向に合わせたセール情報を提供

会員情報登録の住所や年齢、購入履歴等から、近隣店舗のセール情報やレコメンド商品を配信することができます。自分に合った情報が届くことから、購買行動の促進や潜在層からの引き上げにもつながります。

・登録情報を踏まえたカスタマーサポートが可能

LINE経由で問い合わせが来た場合、会員情報や過去の行動履歴と照らし合わせて相手に応じたスムーズな対応が実現できます。また、本人確認等の工数が省けて短時間でコミュニケーションが済むため、対応コストの削減も見込めるでしょう。

 

ID連携の具体的な方法

LINEのID連携はどのようにして行うのでしょうか?

具体的な方法としては以下の2つがあります。

友だち登録後LINEアプリのリッチメニュー経由で連携

LINE経由でID連携を行うには、LINE友だち登録後、LINEアプリのリッチメニューにURLを添付します。ユーザーがリッチメニューをタップし、URL遷移して登録するとID連携完了です。

自社サイトの会員ログイン画面にLINEログイン導入

自社サイトの会員ログイン画面にSNSログインと共にLINEログインを導入することで、ID連携が可能です。
ユーザーが自社サイトのログインの際に「LINEログイン」を選択、認証を行うことでID連携が完了します。

また、2の方法をLINE友だち登録前のユーザーが使うと自動でアカウントに友だち追加・ID連携できます。
ユーザー側としても簡単にログインできるため、サービスのユーザビリティが高まるのでおすすめです。

 

顧客データを紐付けるならAPI連携ツール導入がおすすめ

上記でLINE公式アカウントでのID連携の方法を説明しました。
しかし、いずれの方法でもID連携を行うには、ユーザー側からのアクションが必須になります。工数がかかる上に、全員がスムーズに移行できるとは限りません。

自社でLINEアカウントを自動連携したい場合は、ツールを導入することで手間なくデータ連携が実現します。

LINEを活用したマーケティングシステム「AURA」ではCSVインポートで自社データベースの顧客情報をシステム上に取り込み、LINEアカウントとの自動連携が可能です。
「AURA」を活用するメリットは以下の2つです。

 

ID連携の手間なく顧客情報を活用した配信が実現

ID連携の最大のデメリットは連携にかかる手間と時間です。スムーズに連携ができなければ、せっかく獲得した友だちに対して効果的な施策が打てずに終わる可能性があります。AURAではLINEフォームを活用して顧客の情報を収集できるため、上記で説明したID連携の作業を行わずに顧客情報を紐付けられるため、個別に合わせた配信やカスタマーサポートをすぐに実現できます。

 

LINE上での行動ログに基づき、ユーザーの志向やニーズに合わせた配信ができる

LINE公式アカウント上でID連携を行なった場合でも、ある程度顧客行動に基づいた配信の出し分けはできます。(メッセージの閲覧、URL遷移、特定の登録経路など) しかしAURAを活用すれば、カルーセルやリッチメニューなど、標準機能だけではできないさらに細やかなセグメント配信まで可能になります。徹底的にユーザーの志向やニーズに寄り添った配信によって、さらに顧客満足度の向上が期待できるでしょう。

LINE公式アカウントを使って効果的なマーケティング施策を行いたいならID連携は必要です。
ユーザーに応じた配信ができるため、顧客満足度・アクティブ率の向上が期待できるでしょう。

ID連携の手間をかけることなく、LINE公式アカウントと会員データの紐付けを行いたい場合は、LINEを活用したマーケティングシステム「AURA」がおすすめです。
「顧客に合わせたLINE配信をしたい」「LINEを基軸に分析・マーケティング施策を行いたい」という方はAURA導入も検討してみてください。

 

一覧へ戻る

あなたにあった活用方法を紹介できます

資料ダウンロード
話を聞いてみる
关闭

LINE公式アカウントの
マーケティング 活用事例

ダウンロードはこちら